『メッキモンキーのさらなる進化3』

エンジン全バラの状態なら、やっぱりこれもやっておきたい 

と思うのは人情でしょう?

そう! 6速クロスミッション!!

 この前、F氏の黄猿に乗って あきらかに「毒」された!

このパーツだけで 81.900円! (うぉーっ 高ぇ!)

やっぱ あのフィーリングはたまらんですもんねぇ。


と、その高価なパーツを取り付けます。

『黄猿』編でも紹介したんですが クランクケースの加工が必要です。

 




この仕切り板を このように↓






  しないと ギアが当たってまわりません。

あと、画像には無いんですけど 

あともう一箇所ギリギリ干渉するところがあるのでそこもリュ−ターで削ります。

 あと、この6速クロスを組む時に気を付けるところは 

シャフトを差し込む時にオイルシールがめくれ上がるところ。 

ここをミスればオイルが漏れてきますから慎重に・・・

 106用クランクも取り付けて、

第一段階終了!!

  スーパーヘッド+Rに106cc、それに6速クロス。

 ノーマルに比べたら とんでもない馬力になってるはず。
 と、エンジンに関してあと一つ残されているモノは・・・

  そう! クラッチ。

 88cc時代は 

ノーマル強化タイプ(ノーマル1枚クラッチに対し3枚クラッチなってる)を組んでましたが、

とてもそれじゃモタない。

 思いきって スペシャルクラッチを組みます。

  アルミダイカスト バフ掛けタイプで75.075円

  ・・・やはり これも高価だ。

  と、いうことで 

次号はクラッチの取り付けとウンチクをばしたいと思います。

 

過去の記事

『メッキ猿のさらなる進化5』

『メッキ猿のさらなる進化4』

『メッキ猿のさらなる進化2』

『メッキ猿のさらなる進化1』

                       サイトTOPページへ 戻る →