CBR250RR 新車



   

  1. RRを裸に、パーツ取付け開始
  2. CBR250RR入荷 レッド
  3. CBR250RR入荷 ブラック
  4. 心配する必要無かった
  5. 気持ち高揚サウンド
  6. 職人を泣かせたワケ
  7. 職人が笑顔を取り戻した分け・・
  8. 職人が元気になっていく分け・・
  9. この時期の必需品
  1. ACTIV フェンダーレスの話
  2. 今日は、これで勘弁して下さい
  3. サーキット走行会 レポ 小倉店Blog
  4. 魅惑的なエンジン・インプレッション 
  5. 無事 CBR250RRを納車
  6. ネパールから、お買い上げ
  7. 納車準備です。

          取敢えず、ご予約のほど、お願い申し上げます!                             
 愉しめるカスタム・自分仕様のレブル。使えるクーポン・プレゼント! 

    

お気楽ツーリングやイベントの開催情報 満載 こちら 次項有

 

バイク練習会 定期開催 5機種から、希望の車種がレンタルできます。

1日シッカリと乗りこむ! あなたはきっと、上手くなる!

 レッド入荷、CBR250RR新型

ようやくですが…

発売日間に合って、待ちに待ってたCBR250RR様が↓
 
f0056935_18100898.jpg

「無事に入荷!!」 今か今かと待ち構えてた店長さん…。CBR250RR、無事に入荷


こちらの車両販売済みなんだけどもね、お客様のご厚意で…、
待つ予定だったから納車は来月でも?な感じで…

 

 

本当に本当に…、すぐに乗りたいだろうけども…

f0056935_18121361.jpg

「ご厚意に甘え させて頂く所存で…」そんな訳で本当にありがたく

「今月末までは、お預かりできる」ということで 


次の一台の入荷の予定は決まってるけども…、でもでもその次からは…
待ち焦がれる次の次の入荷は…
→詳しくはこちら

 CBR250RR 発表・発売されては、いるけれど・・・

  

国内カラー ソードシルバーメタリック、  ヴィクトリーレッド

  

    マットガンパウダーブラック

  発表日 4月18日    発売日 5月12日  

コレまた、大騒ぎな250バイクのこと。発表されても車両の納期が出ない!!

発表日前に、全国のバイク店からのオーダーが、2日間で何と・・!!

メーカー様の、年間販売計画の3500台に達したんです、と・・・!!

バイパスホンダ各店においても、1次オーダー仕入を行っていますが
現在のところ、全台数、”予約済”な状況で、
これから先の商談につきましては、年内のお届けはムリな状況でございます。

 

PCXが発売された時以来の、業界あげての大騒ぎです。

 

 CBR250RR、発表、国内発売はいつ?

新型のスポーツモデル「CBR250RR」を発表

 Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター
 (本社:ジャカルタ 社長:井沼 俊之)は、2016年7月25日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターは、
 新型の250ccスポーツモデル「CBR250RR」を発表しました。
 このCBR250RRは、販売の主要国であるインドネシアで生産。同国で生産するHondaの二輪車としては、
 最大排気量のモデルです。2016年末にインドネシアでの発売を計画しています。

【新型CBR250RRの主な特長】

  • 新開発の直列2気筒エンジン
    クラスナンバーワンの出力性能を目指した、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒
    250ccエンジンを搭載しました。市街地での扱いやすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる
    高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現しています。なお、スロットル・バイ・ワイヤシステム、
    選択可能な3つのエンジンモード設定によって、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、
    上質で安定感のある加速フィールを獲得しています。
  • 力強さと速さを直感させる独自のスタイリング
    ヘッドライトにはCBRシリーズのアイデンティティを継承するデュアルLEDを採用。力強く速い、
    エキサイティングな走りのイメージを表現しました。低く構えたロングノーズから、高く跳ね上げた
    テールまでに渡って先鋭的なウェッジシェイプとし、一目で魅せる独自のスタイリングを実現しました。
  • 新開発の車体・足回り
    フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立させました。スイングアームには
    アルミ製ガルアームタイプを採用し、右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプ
    の張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。
  • サスペンションは、フロントに剛性が優れた倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能な
    プロリンク・サスペンションを採用。またブレーキは前後にABSをタイプ設定。ブレーキディスクは
    フロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、卓越した走りを支える構成としています。

 CBR250RRは、昨年に行われた第44回東京モーターショー2015に、コンセプトモデル
「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」として出展。多くの二輪ファンに注目されました。
 
 今後、日本国内での発売も計画しています。

CBR250RR CBR250RR
 

                              サイトTOPページへ 戻る →