PCXハイブリット

 

 鮮やか加速。タンデムに挑戦 ⇒次項有 
量産二輪車用として世界初のハイブリッドシステムを採用

 PCX HYBRIDに採用したハイブリッドシステムは、
PCXのボディーサイズに納まるコンパクトなシステムとすることで、
PCXならではの「高い利便性」と、モーターアシストによる
「機敏なスロットルレスポンスと高い動力性能」の両立を実現しています

 

 これは凄い! 125ccとは思えない 加速感 ⇒ 

 

 外観の変更だけならマイナーチェンジになるが、今回はフルモデルチェンジだ。
外装パーツの内部にある基本骨格のフレームをはじめ、
さまざなな変更を受けているのだ。

試乗前の技術説明で“乗れば違いがわかる!”という開発陣のコメントがあったが、

実は懸念があった。

従来モデルはキビキビと走れるのが魅力の一つだったが、
タイヤサイズのワイド化などもあって、

安定性は高まっているかもしれないが、キビキビ感はスポイルされてしまったのではないかと

  ところが今回の試乗を通じ“杞憂にすぎなかった”という結論になった。

 

 

  1. PCX 新型 ローダウンで納車
  2. ハイブリッド、乗ってみた
  3. JF81 PCX 最新型にSP武川コーンマフラー取付け
  4. ”強い3歳馬”ブラストワンピース様
  5. PCXにTOPブランド オーリンズを・・
  6. や〜!HYBRID 2人乗りスタート
  7. 余りご存じない、新型PCXのネタ
  8. キックスターター付けたぞ〜
  9. 毎日の通勤、頑張ってるお父さんに…
  10. えっ!?どういうこと??

 

 

 PCX ハイブリッドを自分仕様に・・

 

歴代のPCXを乗り継いで、5代目。春日市にお住いのKさま。

今度のPCXはHYBRIDをご購入頂いてます。いつも何かカスタムをしてみたい…

自分仕様にこだわる、わんぱくな50代後半の紳士であります。

 

→詳しくはこちら

 “強い3歳馬”  お陰さまでバイホンにも、ご利益が・・・

ブラストワンピースが悲願のGT初制覇を果たす!

  

 暮れの大一番で成し遂げた、悲願のGT初制覇。

“強い3歳”というこの秋の流れ、そして・・・
ブラストワンピース自身の強さを証明する、
渾身の先頭ゴールだった!(まるで、競馬新聞みたい…)

→詳しくはこちら

                       サイトTOPページへ 戻る →