PCXハイブリッド 展示試乗車 

  

更に、 キーケースをプレゼント!

 

 PCXハイブリット

 

  1. PCX 新型 ローダウンで納車
  2. ハイブリッド、乗ってみた
  3. JF81 PCX 最新型にSP武川コーンマフラー取付け
  4. ”強い3歳馬”ブラストワンピース様
  5. PCXにTOPブランド オーリンズを・・
  6. や〜!HYBRID 2人乗りスタート
  7. 余りご存じない、新型PCXのネタ
  8. キックスターター付けたぞ〜
  9. 毎日の通勤、頑張ってるお父さんに…
  10. えっ!?どういうこと??

 鮮やか加速。タンデムに挑戦 ⇒次項有 
量産二輪車用として世界初のハイブリッドシステムを採用

 PCX HYBRIDに採用したハイブリッドシステムは、
PCXのボディーサイズに納まるコンパクトなシステムとすることで、
PCXならではの「高い利便性」と、モーターアシストによる
「機敏なスロットルレスポンスと高い動力性能」の両立を実現しています

 

 これは凄い! 125ccとは思えない 加速感 ⇒ 

 

新車PCX お買上げの方に ↓ ↓

 

 外観の変更だけならマイナーチェンジになるが、今回はフルモデルチェンジだ。
外装パーツの内部にある基本骨格のフレームをはじめ、
さまざなな変更を受けているのだ。

試乗前の技術説明で“乗れば違いがわかる!”という開発陣のコメントがあったが、

実は懸念があった。

従来モデルはキビキビと走れるのが魅力の一つだったが、
タイヤサイズのワイド化などもあって、

安定性は高まっているかもしれないが、キビキビ感はスポイルされてしまったのではないかと

  ところが今回の試乗を通じ“杞憂にすぎなかった”という結論になった。

 

 

 HYBRID オーナーから不満の声「申し訳ありません。」

 今でも受注生産のPCX HYBRIDです。

発売以来コンスタントにお買上げ頂いてるバイパスホンダです。

今月も、数台入荷の状況です。

来店の方々、皆さんがいつも言われる「どこにもPCX HYBRIDが無い!」

「バイホンで初めて見た。エンジンを駆けてみた。」と…

 PCX HYBRIDオーナー 全員の方々から、不満の声が・・・

 

  スロットルを開けた瞬間に感じる
PCX HYBRID機敏なレスポンスと加速力

 ホントかよ・・・ 乗ってみた!⇒次項有 

 予想をくつがえすファンな乗り味のモデルだったのだ。

 通勤には当然のことながら、お父さんだけの
休日の午前中。ツーリングの楽しみが増えるんですよ


もっと、もっと愉しめる バイクライフ こちら⇒次項有


   

       好みの走りでMODE切替          PCXに欲しかったABSを採用。 

操作感はエンジン車と同じ、しかし加速が段違い!

単なる移動の足にするにはもったいない加速だ
車重は既存のPCX比でプラス5sとなるが、取りまわし時に、その重量増は感じない  

  

 スタンダードなPCXとは、一見に判別は出来ないが、しいて言えば

クリアテールやHYBRIDエンブレムかな?

そこで、現在

10万円高、しかも高機能なHYBRIDに乗ってる方々の100%不満は 

 信号停車してても、すれ違いざまであっても、ひと目で…

「PCX HYBRIDだ!」

「ライバルのPCXライダーに判らない!!!」ということ。

らしい… です。

 PCXにTOPブランド、オーリンズサスを・・

PCXに載られているお客様からの相談で、

「もともと腰痛持ちで、バイクに乗っている時も腰が痛くて
しょうがないんだけど、なんか対策ないですか?」と。

八幡店では腰痛持ちの方にオーリンズのリヤサスを入れて、
「腰の痛みが軽減された!」との声をたくさんいただいております。

ただ、世界のトップブランドが故、価格がお高いんです....

PCXの車体価格の3分の1以上しますから。

でも、オーナー様のご決断は早くて「それお願いします!」と^^

数日後に入荷したPCX用オーリンズリヤサスペンションです。

f0061705_17281584.jpg

これCB1300用よ。と言っても誰も疑わないと思います(笑

逆に「これPCX用よ」と言ったら、「またまた冗談を〜!」なんて
言われそうですね(笑。  早速取り付けします。


f0061705_17265049.jpgf0061705_17272438.jpg

ラゲージボックスを外して上から見るの図。
体重が軽い方なので、イニシャルを標準よりソフトに設定します。

f0061705_17264059.jpg

見た目の存在感が半端ないです。

乗り心地は新品の割にはとてもソフトで、
路面の細かいギャップがお尻に伝わってきません。

大げさに言えば、乗り心地が軽自動車からクラウンに変わったような感じ。
早くお客様に乗っていただいて、喜びの声を聞きたいですね〜

ご利用誠にありがとうございます^^

                       サイトTOPページへ 戻る →