海外ツーリング 実施

  一度は行ってみたい、海外でのバイクツーリング     
   
バイク乗りなら、一度は考えた事ないでしょうか?

もう25年近く前のことです。お店の、のんびりとした午後のことでした。
お客さんのT氏との雑談の中から始まったのです。


バイク雑誌に載っていた海外ツーリングの記事をパラパラとめくりながら、
「お〜い、海外のツーングもいいな!?」と、T氏。 
「そうね〜いいね…。」
と、わたし。
◎「行くか?」  ◎「行こうか!」  
◎「おなじ行くなら、他人(ヒト)があまり、行ってない所がいいな!

日本人のルーツ、大平原のモンゴルにしよう!」と、
後先を考えずに話が、おおいに盛り上がったのでした。

 

 決定!私の第一回海外ツーリングは 国交を回復したばかりの『モンゴル』。
まだ日本からのテレビ取材やタレントも行っていない時代です。
航空路もまだ無い時代に、チャーター便での出発でした。
その後は、やみ付きになってしまった海外のツーリングであります。

 

最近では一年おきに、「初心者・レディースが愉しめるニュージーランド」

初心者も安心、サポートカーも帯同

   
海外を走ると聞けば、かなり乗り込んだ上手な人が行くものだ。
  しかも、長期間休みも取れる、のん気な人たちの趣味ごと。

    語学もできて、一年以上も、放浪のような旅。

なんて考えてませんか? 

 「仕事の休みが…」「自分には、まだ…」「危険だから…」「先立つものが…」
などと、あきらめてませんか?
気になることはたくさんありますが、日本語ガイドとサポートカーが同行。

 

わずらわしい言葉の問題もありませんが、
自分から進んで現地の人々に話し掛ければ旅は一段と楽しくなるでしょう。 

バイパスホンダでは、会員様のご要望により、20年前から2〜3年毎の海外ツーリングを行っています。
ある年には、ハイレベルなスキルを要するオフロード・ダートツーリングで、
本格派のお客様と雄大な自然の中、サバイバル的なツアー実施。


もちろん言葉も、語学に堪能な?バイパスホンダスタッフが、確実に「通訳に伝えます?」  

 

         

   ちょっと違った体験 思い出の海外ツーリング   

風俗や習慣はもちろん、交通ルールが明らかに異なる外国をバイクで走るということは、
ちょっぴり不安もありますが、計画の段階からワクワクとするものです。

現地を走ってみると当然日本とは違った体験をたくさんします。

 

たくさんの思い出をつくりにご一緒しませんか?

一度参加された方は何度も参加されます。あなたも一緒に海外を走ってみましょう。
海外ツーリングへの参加をお待ちしてます。

        ウソのような、感動の景色 ニュージ―ランド ⇒次項有

                       サイトTOPページへ 戻る →