スーパーカブと本田宗一郎

ホンダの名車 スーパーカブと本田 宗一郎 。

1950年代の終わり頃、ホンダスーパーカブが大ヒットした。
このオートバイは50ccのモペットタイプで、クラッチレバーがなく
片手運転が出来るというので重宝がられ、
蕎麦屋の出前や新聞配達など、町の商店の間では大変な評判となる。

 

この成功を見て他社もこれに追随し、街中この手のバイクが走り回り、
Y社のカブ、S社のカブと呼ばれるようになった。



この頃ようやく日本にも、意匠権というものが意識されはじめ、
係争の結果ホンダが勝利する。

Supercub50fi.jpg

当時のお金で数億円を、相手会社がホンダに支払う羽目となった。
が、社長の本田さんは、ホンダが創ったと分かればそれでよいとして、
お金を受け取らないと決定をしたのである。

とらぬ狸を決めていた営業、生産、開発の重役は悔しがったと聞く。

翌朝の新聞はこれを大きく取り上げた。
これによって世間は、やはりホンダのオリジナルだったと知ることに。
本田さんの思い切った決断によって、かえってホンダの独創性が世に認められることになり、
同時に社内にも独創性の重要さが強く意識付けられたのである。


そして発売後60年経った2017年現在、スーパーカブは世界で
累計1億台の販売を記録し、今もなお売れ続けている。

今でも、本田さんの「マネすんな」という声が聞こえてきそうですね!

スーパーカブ」の形状が日本で立体商標登録認可次項有

 〜乗り物として初の快挙達成〜

                       サイトTOPページへ 戻る →