素晴らしきかな!カブ エンジン

11万km走ったスーパーカブ50。オイル交換はマメにやっていました。

それ以外、エンジンに関しては、オイルドレンボルトとオイルを入れる
キャップ以外は一度も開けたことはありません。はたして・・・・?


うわぁ〜!エンジンの中が金色になっている!
自然にできたゴールドアルマイトと言うか、黒ずんではなかったです。
で、ヘッドを外してバルブを見てみると・・・

 

 1950年代の終わり頃、ホンダスーパーカブが大ヒットした。
このオートバイは50ccのモペットタイプで、クラッチレバーがなく
片手運転が出来るというので重宝がられ、次項有
蕎麦屋の出前や新聞配達など、町の商店の間では大変な評判となる。

 



それなりにカーボンは堆積しているけど、思ったほどではなかった。
でも、排気ポートに関しては、



うほぉ〜、詰まりまくり。
いつも全開で走っていたら、もう少しマシだったかも・・・・。
(でも、エンジンが壊れてるかな?)

そして、シリンダーをはぐって見ると、


リングから吹き抜けはありますが、ピストン自体は綺麗なもの!
びっくりしたのは、ピストンリングにまだ張力があった事!
実際、エンジンの圧縮圧力も落ちていなかったし。


お次はクラッチカバーをはぐります。


 

多少下の方は黒くはなっていますが、こんなの当然でしょ!
11万km走っているんだから。
オイル交換を全然していないヤツなんて、もう本当に最悪ですよ!

ここでビックリなのが、クラッチが全く滑っていなかった事!
乗り方もやさしかったからでしょうか?

カブ90で新聞配達しているのは、大概クラッチ滑っています。
90ccはトルクがあるから2速発進、頑張れば3速発進も出来るんです。
その分、クラッチに負担がかかるんですね。
(やはり面倒くさくても発進はちゃんと1速でする事!)

次は、クラッチケースをはぐると、見えてくるフィルター。



コレ、金属粉じゃなくてオイルの燃えカスみたいなものでした。
11万km走行でこれだけ!

最後にクランクケースの分割です。

 

ミッション廻りは、変磨耗も見当たらずしっかりしたもの!
クランクシャフト自体も、ガタも振れもなく大丈夫。
さすがに各部のベアリングは痛んでいましたけど・・・・。

カブのエンジンって、こんなに強いのか!

でも、ここまで良好な状態だったのは、
やはりオーナーさんの性格が出ていると思います。
とにかくメンテナンスには、すごく几帳面だったですね。

ちゃんとカブ専用の手帳を持っていて、何時、何キロの時に、
どんな整備をしたかを事細かく記してあるんです。

だから、僕がアドバイスする前に、
「そろそろチェーンとスプロケットの交換時期ですよね」
とか言ってくれるんです。

14年間分のデータがあるから、次は何キロで交換
って言うのが分かるんですね!

あとは、乗り方でしょう!
乱暴なアクセルワークはしないし、無駄なギヤチェンジもしない
(もちろん半クラなんてもってのほか!)あとは、

運が良かったのでしょう!(当たりエンジンか!?)
でもね、ここまで維持するのに、どれだけの修理代を費やした事か!

14年間の修理代で、軽くカブの新車ぐらいは買えますよ!
「愛着があるから、乗り換えられんのよね〜」って、
愛着はお金がかかりますよ!  すごく!

コレばかりは人それぞれの価値観がありますから、
一概には言えないですけど、

それ以前に、僕のカブはエンジン長持ちしないでしょうね・・・。
(結構無茶しているから・・・・)

それにしても、
素晴らしきかな!カブエンジン♪

スーパーカブと本田宗一郎 こちら ⇒次項有


八幡店 山口店長 ブログより


                       サイトTOPページへ 戻る →