『モンキー カスタム 黄猿試乗編』

こんばんは! 

さて、いよいよ「ユニット エンジン」

  一発目のエンジン始動っていつも緊張します。 

載せた黄猿の試乗だ!

もう一回チェック! オイル入ってるよな? 

ガソリンいれたよな? 

あのボルトちゃんと締めてるよな・・・etc

やっぱり俺は小心者♪

 いよいよキックスタート! 

もちろんですがノーマル50ccに比べればキックは重い。

88ccよりも若干重い(当たり前)

数回キックして「バオォン!」という甲高い音で無事始動。

変な音がしてないか、オイルの滲み等ないか確認。 


     
すべてOK!(良かった!)

暖気をしてから 試乗へゴー!


まず思ったことは、この猿。

88ccスーパーヘッド+Rを組んだモンキーに乗ってるんですが 

力強さが違う! 

排気量が多いんだから当たり前なんですが88ccからわずか18ccしか違わないのに 

この差はなんですか?といわんばかりの違い。 

 それと一緒に組んだ「6速クロスミッション」も一役買ってます。

ノーマル4速から ただ2速増えただけかと思ったら大間違い! 

シフトアップしていく時にノーマルだと

発生していたエンジン回転の落ち込みがほとんど無く、

トップの6速までキレ〜イに加速していく。
 それに6速に刻んであるということは 

ノーマルだと坂道で

「4速だと登らない、でも3速に落としたら吹け上がってギクシャクする」

ということが発生しにくくなるということです。

扱いやすい!!


 正直、この猿。106ccで6速だと もっと扱い難いと思ってました。が! 

この黄猿に乗ってその考えが吹っ飛びましたね!

逆にボアアップしただけの車両がいかにギクシャクしていたことか・・・ 
 
106ccのパワーが6速クロスによって最大限に引き出されてます。

 それプラス扱いやすい=疲れない。 

これは買いですバイ!!

 ・・・と、感動に打ち震えて帰店。

 黄猿の飼い主F氏に 

すみやかにその感動を伝える。

 F氏もニコニコで試乗。

「スゴイ! 全然別モノだ!」

 と、ここで悪魔の猿の囁き・・・

 「Fさん。このエンジン凄いッすね! 

メチャメチャ速いうえに扱い易いです。・・・でも、

フロント廻りがノーマルだとちょっと危ないッスよ!」
 と、次回の課題にしてもらおうとジャブをかます。

 「うん!そうだね。じゃぁ注文しといて! 今度のツーリング間に合う?」

 って! ジャブのつもりが決定打?

 正直 この猿のほうがビックリして 

「ホンとにいいんですか?」って2度ほど聞いちゃいましたよ・・・


 と、いうことで まだまだ続くよ『黄猿編』。

 次回は 「逞しい猿足。フロント編」です。


 今回のカスタム内訳。

  スーパーヘッド+R 106cc  165.900円

 ● スペシャルクラッチキット  75.075円

● 6速クロスミッション  81.900円

● BRDフルテーパードマフラー  44.100円

● ハイパーCDI   5.460円

● キックアーム  6.090円

その他、パーツ(メーター、レバーセット等)



  取付工賃。

(オイル等油脂代 キャブレーターセッティング費用含む)

   〆て 500.000円!!

(新車のモンキー2台買えます!凄か〜。)


F氏。本当にありがとうございました。

 一緒にモンキーカスタムという無限地獄を楽しみましょう!

(彷徨いましょう?)


よろしくお願いいたしま〜す!

                       サイトTOPページへ 戻る →