お待ちかねの『DCTチェンジペダルキット操作』のインプレッション!

今回は、前回お知らせしておりましたN村さんから頂きました
『NC700X DCT チェンジペダル』のインプレッションです!

実はこのN村さん多数バイクを所有しておりまして
その一台がなんと『VFR1200DCT』なんです!

ホンダのDCTに関しましては私どもより良くご存知でして、
どんな方かといいますと、ハイこちらバッド(下向き矢印)

 

  

こんなお方なんですね! DCTのインプレを語るには、充分な方です!


 

 NC700X DCT用 シフトペダル使用インプレ


本来マニュアルのシフトチェンジは左ハンドルのボタンでするのですが、
オートマモードで,とっさにシフトダウンしたい時にいつも忘れてしまっていて、
アクセルの開きで自動でシフトダウンする方が先になってしまうのです。(^_^;)

街中を流す分には、Dモードの出来がいいので、ほとんど触ることはないのですが

 
ワインディングに入ってヘアピンの入り口で「あと一段落としたい」と思ったとき、
左足のシフトペダルがあると、無意識に踏み込んで落とせるのでとても快適です。

DCTと自分の意識に差があるとき、それを埋めてくれる良いオプション!

さらに、オートマモードでマニュアルシフトをすると、VFR1200DCTでは
マニュアルモードに切り替わっていたのですが、
第二世代のDCTではオートマモードのままなので
必要な加速やエンブレが終わると
自動的にシフトアップしてくれるので、さらに操作が楽になりました。

シフトペダルが付いたことで、山道でもDモードでトコトコ流しながら、
必要に応じてシフトダウンをするような走り方が出来るなと感じています。

いよいよ「のんびり、急がない」走り方になりそうですね。

 


 

貴重なインプレッションありがとうございます!

これから、ご購入をお考えの皆様のご参考になりましたでしょうか

 

                              サイトTOPページへ 戻る →