リヤ リンク廻りオーバーホール記

今の足回りの乗り心地に慣れてしまってる方、
もっとこんな乗り味が欲しいという方、

一度足回りに目を向けてみてはいかがですか?

 

さて、今回の題材はセロー。

タイトルにもありますように、ヤマハ セロー250のリアリンク周りの整備をしました。

リアショックのリンクOHとスイングアームピボット部のOHに加え、
スイングアームピボット部のニードルベアリング化もすることに…

まず、後周りを分解していきます

 

 

リアショック取付部のリンクを外し、スイングアームまで外す

 

スイングアームのピボットシャフト・ディスタンスカラーを

清掃・グリスアップし、スイングアームの両端に付いている
樹脂ブッシュの
内側に汎用のニードルベアリングを各二個ずつ圧入。

このままでは樹脂ブッシュがはみ出ますので、合うように切断し取付。

リアショック取付部のリンクはカラー、ベアリング、

オイルシール全て新品に交換、シャフトなど清掃・
グリスアップして組み上げ。

 

 

スイングアーム、リンクを車体に組付け、各シャフトナットを
規定締付トルクで締め、動作確認、試運転をし、完成です

納車時にはお客様も押すだけで違うとおっしゃってました

シャフト、カラーなど完全にグリスが切れ、錆が出ていた状態だったので
乗った際にも違いがすぐにわかると思います。



フロントフォーク、リアショックなどの足回りのOHは

定期的にすることでかなり乗り味に変化がでます。

もちろん社外品にてカスタムをすることで、純正とは一味違う
乗り心地を体感できたり、自分にあった乗り心地を
セッティング可能だったり、メリットはたくさんあります。


今の足回りの乗り心地に慣れてしまってる方、
もっとこんな乗り味が欲しいという方、
一度足回りに目を向けてみてはいかがですか?


純正品OH・社外品カスタム・足回りリフレッシュなど、
相談承っております。よろしくお願いいたします。


ではさようなら〜 (戸畑店 スタッフBLOG)

 

                       サイトTOPページへ 戻る →