CRF250R フロントフォークOH

戸畑店サービス 岡嶋です。

最近の戸畑店工場、CRF250RのフロントフォークOHをしておりました。
この車両、結構前の記事で紹介した腰上OH中だったCRFでございます。

c0090412_21111934.jpg

 腰上OHは既に終わってましたが、今回はフロントフォークの
オイル漏れにより、OHをすることに。
作業途中は省略しますが、どんどんフロント回りを外していき、
とりあえず一旦全部分解します。

  c0090412_21110828.jpgc0090412_21114060.jpg

  分解した写真を見て、あれ?っと思った方もいるかもしれませんが
この車両のフロントフォークはスプリングが入っていません!

この車両の車両CRF250R(レース車両)のフロントフォークは
「SFF-AIR(TAC)」という名前(separate function front fork Air)で
左フロントフォークで反力を発生させ、右フロントフォークで
減衰力を発生させる構造になっております。

左フロントフォークは金属製スプリングを廃止し、エアを封入することで
反力を得ていて、金属スプリングを交換することなく、
エア圧・オイル量の調整によって、細かなセッティングが可能です。

右フロントフォークはオイル室を2つ設けて、コンプレッション側・
リバウンド側の減衰力を発生させています。

名前のTACとはtriple Air Chamberの略
左フロントフォークは3つものエア室を設けているのです。

全部分解し、綺麗に洗浄し、組付けていきます。

    c0090412_21111414.jpgc0090412_21113097.jpg

組付け後は、それぞれのエア室にエアを入れ、完成です。

※ちなみに3つあるエア室に入れるエア圧ですが、
1つのエア室に約1200kPaも入れます。

 参考までに大型バイクの前タイヤの標準エア圧は約230kPa〜250kPa程。
 しかも、フロントフォークのエアは手動ポンプにて入れなきゃいけないんです!!
 上の最後の写真の左側にある黒いのが手動ポンプです。

そして最後は車両に組付け、洗車をし、あとは外装を組むだけです。

c0090412_21113591.jpg

 

 当然なことですが、レーサーは、かなり大変です。

                       サイトTOPページへ 戻る →