取付けてるユーザーからの「役に立った〜」の声、ケッコウ有ります。

 抜かりの無い足回り


走りの面でも抜かりはない。

特に目につくのは、SHOWA製ピギーバックリザーバー付きのツインショック

サスストロークは未発表ながら、
最低地上高はPCX150の137mmに対しADV150は165mmを稼ぐ。


PCX同様の3段バネを使用するなどつくりも凝っている。

また、前後にウェーブタイプのディスクブレーキも採用
(PCXの日本仕様はリヤにドラム式を採用/インドネシア仕様PCX150はリヤもディスク式)

ホイールサイズもPCXの前後14インチから前14/後13インチとして、
リヤにワンサイズ太い130mm幅のタイヤを採用した。

 

 ADV150 多機能メーター

 

 

メーター
多機能スピードメーターと別体インジケーター

より多くの情報を表示できるスクエア形状のメーターを採用。
各種インジケーターをスピードメーターとは別体のセパレートメーターに集約することで
コンパクトでありながら多くの情報の表示を可能としている。

   

 より快適な走りを追求したサスペンション。

 

フロントサスペンションは、クラス最長*1の130oストロークを確保することで

街中のあらゆる路面状況でワンランク上*2の上質な乗り心地を提供。

リアサスペンションは、120oストロークのリザーバータンク付ダンパーを採用し

安定した減衰力を発揮。

3段レートのスプリングによるプログレッシブな荷重特性と相まって

二人乗りや荒れた路面などの走行時にも快適な乗り心地を追求している。

 ADV150 発表 予約開始

 2月14日 発売 ADV150 先行予約受付中です。

 

ADV150」は、X-ADVで全く新しいジャンルとして登場した

アドベンチャースクーターの150cc版と思って間違いはないでしょう。

X-ADVと見まごうほどアクティブなデザインに加えて、街乗りから郊外の

荒れた路面まで難なく走れそうな足まわりがADV150の魅力です。

 

アドベンチャースタイルのADV150

メーカー希望小売価格(消費税込み)
451,000 (消費税抜本体価格 410,000円)

 既にたくさんの情報と動画を見ているでしょうから詳細は割愛。
カタログは大量に入荷しましたので、ご希望の方はご来店を^^

福岡店でも先行予約で数台注文しているのですが、既に....

で、第2ロッドも注文していますが、
どうもとんでもない数の受注が入っているみたいで

2次の入荷時期が大幅に遅れ5月になる、との情報が...
ADV150発表_f0061705_17495883.jpg

オーダーを頂いた順にお渡しいたしますので、
ご希望の方はどうかお早めにご依頼ください^

いやいや、格好良いもん!売れて当然だよ、ADV150

 充実装備ADV150

装備もかなり充実している。2段階に調整可能なスクリーンや
フルデジタルメーター、LED灯火類、スマートキー、そしてUSB電源ポート

利便性を追求。

ABS仕様については、急ブレーキ時にハザードランプが高速で点滅する
「エマージェンシーストップシグナル」も採用している。

アイドリングストップ機能などにより、
46.6km/hの燃費も実現。8Lの燃料タンク容量から、373kmもの航続距離を確保。

 

フルデジタル式のメーター。速度のほか、燃料残量計、平均/瞬間燃費、オドメーター、
トリップメーター、日付も表示する時計、バッテリーインジケーター、外気温計
オイル交換通知を表示可能。

 ADV150のスクリーン

HONDA ADV150

 

HONDA ADV150[市販予定車]

2段階可変スクリーンやスマートキーシステムの採用で、日常での
使い勝手や快適性が考慮されているところもポイント


左右のノブを引っ張ることでカンタンに上下できる。

実際のウインドプロテクションも期待できそう。

車体は本当に軽量かつコンパクトで、スクーターの利便性の高さはそのままに
「余裕のあるライフスタイルを提案するモデル」として開発されました。

 

                       サイトTOPページへ 戻る →