取付けてるユーザーからの「役に立った〜」の声、ケッコウ有ります。

 新型CBR250RR。車体・足回りは新開発

■新開発の車体・足回り
フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立させました。スイングアームには、アルミ製ガルアームタイプを採用し、右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。サスペンションは、フロントに剛性が優れた倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用。またブレーキは前後にABSをタイプ設定。ブレーキディスクはフロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、卓越した走りを支える構成としています。
 CBR250RRは、昨年に行われた第44回東京モーターショー2015に、コンセプトモデル「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」として出展。多くの二輪ファンに注目されました。


 今後、日本国内での発売も計画しています。

CBR250Rのマフラー、気持ち高揚サウンド

昨日の話なんですけど、あの大雨の中ご来店頂きましたよ。

CBR250Rへマフラーの装着をしにって、この画像は既に装着済みなのですが、あの250CCという排気量に似合わないほどデカいサイレンサーを外してヨシムラサイレンサーに交換するだけでリヤビューはかなりスリムになりました。

それとかなりの軽量化にもなるし!純正のサイレンサーってすごく重くて、きっとスイカ2つ分ぐらいはあるんじゃなかろうか?(表現が曖昧すぎる・・・) 

→詳しくはこちら

『CBR250R』 シフトインジケーター!

バイパスホンダより『CBR250R』 『シフトインジケーター』を発売!

この商品の設定は バイパスホンダオリジナルとなります

 詳しい商品紹介は続きをご覧下さい!   その他の機種にも、取付けできます。ご相談下さい。     


→詳しくはこちら

 新型CBR250RR コラム (タンデムスタイル より)

 スッキリっす!

明後日ミニバイク草耐久があるっていうのに自分のNSRminiに
全く手を付けていない 八幡店長 山口です。最後に触ったのが確か
今年の3月くらいか・・・・。
今回はお客さんに貸す約束をしているので、ちゃんとメンテしとかないと!
って、今日か明日しかないんだけど・・・・。

八幡店工場はお仕事満載でして、僕も朝から晩まで作業に明け暮れているんですが

→詳しくはこちら

                       サイトTOPページへ 戻る →