CT125ハンターカブ、誰をも魅了する!

1968年に、「CT50」、1981年には「CT110」として、
日本国内で販売されたハンターカブがモーターショー2019で
復活の兆しを見せた。

  ベースモデルとなったのはスーパーカブC125。
アップマフラーやスポークホイール、オフロードタイヤを組み合わせ
トレッキングスタイルを獲得。

川や湿地の周りも走れるように、エアクリーナーにひと工夫!

 往年の「ハンターカブ」をほうふつとさせる、“オフロード仕様のスーパーカブ”

テーマにしたコンセプトモデル「ホンダCT125」。



「どんな人をも魅了する最強のマシンだ!」

 

 CT125 ハンターカブ 発売?予約は…

ホンダは、東京モーターショー2019にて、かつての「CT」のコンセプトを受け継いだ
トレッキングバイク『CT125』を世界初出展した。

CT125は『スーパーカブ125』をベースに自然の中でも楽しめる
機能性を持たせたコンセプトモデル。
アップマフラーや肺マウント吸気ダクトといったオフロード走破性を
高める工夫に加え、かつてのハンターカブのコンセプトを受け継いだ
スチール製フロントフェンダーや幅広大型キャリアなど、冒険心をく
すぐるディテールでバイクの新たな楽しみ方を提案するモデルとなっている。

予約開始が楽しみだ

 

 

 幅広いユーザー層に訴求するコンセプト CT125


幅広いユーザー層に訴求するコンセプト

ホンダのCT125 ハンターカブは、たぶん世界制覇を狙っている。

バイクを味わい尽くしたベテランがうっかり試乗しようものなら、
「もうこれで十分やんか」とアガリの一台に選んでも不思議ではなく
シャレオツなヤングがさっそうと街へ走りだせば、
「バイクっていいかも」と視線を集めること間違いなし。

ゴツいおじさんが冒険じみた旅に連れ出しても、やすやすとは
音を上げないタフさを持ち、それでいて小柄な女性が難なく扱えるほど
車体は軽量コンパクトだ。

 トレッキングに最適CT125、ハンターカブ

CT125 ハンターカブの足回りについて

エンジンガードは小石などが跳ねてシリンダーやクランクケース、
エキパイが損傷しないよう守るためのもので、岩や丸太に乗り上げた際には
スキッドプレートとして役立つ。

 

 

前後フェンダーは伝統を踏襲し、屈強なスチール製。
タイヤとのクリアランスを確保し、これもまたオフロードを前提としている。

3DモデリングによってつくられたLED式ウインカーや液晶ディスプレイのメーター
専用設計のヘッドライトなど完成度が高く、すぐにでも市販化が可能な雰囲気。

  ホンダ CT125(東京モーターショー2019)ホンダ CT125(東京モーターショー2019)

「発売は?」の問いかけに、「反響次第で」と含みを持たせた回答。
これは大いに期待できる。予約の開始が楽しみだ。

元祖サバイバルバイクが帰ってくるかもしれない!!

 ハンターカブ 発売なるか?

開発者に話しを聞いていると、イメージ先行のバイク版SUVではなく
かつてのCTシリーズがそうであったように、狩猟や釣りなどをする人が
本気で使えるタフなアウトドアマシンであることがわかってくる。

『スーパーカブ125』をベースに、悪路走行時のホコリ吸入を防ぐために
ハイマウント吸入ダクトとサイドエアクリーナーを車体左側に装備。

CT125 ハンターカブ 

                       サイトTOPページへ 戻る →