日常の移動からトレッキングまで幅広いシーンでの

使い勝手を追求したCT125 ハンターカブ

 

 「間違いなく売れるであろうと、先行仕入れに気合を入れてる
バイホンスタッフですが、第1ロッドでの入荷は、限られてる様子なんです。

 そんな中、バイホン福岡店で初期入荷予定のハンターカブ(RED)、
1次分 早くも完売です

比率的にちょっと少ないオーダーが裏目に・・・。

 北九州のバイパスホンダ各店には、少し余裕があるのかな? 

お問い合わせ下さいマセ

 

 ハンターカブ125、CT125を見てきたA

さて、この前の続きです。

足つき性ですが、身長170cmのイケメンモデルは
ベタつきで少し膝に余裕もあります。
もしかしたらクロスカブ110より足つきは良いかもしれません。

  

リヤサスはプリロード調整なしです。



まぁ、この辺は社外サスに交換すればOKなので。

→詳しくはこちら

 CT125 ハンターカブ見てきた@

ネットで流れている情報以外で個人的に
気になったところをチェックしてきました。

 そもそも昨今の事件により携行缶への給油をしてもらえない場合
があるので、タンク容量アップはうれしい。

まず、ガソリンタンクの容量は5.1Lらしい。


開発の方ではなかったので情報が正確かどうかは微妙だけど、
確実に大きくはなっているそうです。



C125で3.7L、カブ110で4.3Lなので、かなりの容量アップです。
大型バイクに乗っている方は「ふんっ!たかが1Lぐらいで!」って
お思いでしょうが、カブは1Lで50km〜60km走ります。

カブで長距離ツーする方なら、この1Lで大幅に給油ポイント
変わってくるし、ガソリンスタンドのない、もしくは休日にガソリンスタンドが
休みの場合が多い地域を走行する際の安心度が格段に向上します^^


今までは小さい携行缶を携帯して旅していた方も、
5Lタンクならもっていかなくてもいいかも?

すごく有難い話です。

→詳しくはこちら

 今一番騒がれているモデル「CT125」の新情報です

遂に市販予定車の画像がアップされましたね。
多少コンセプトモデルとはセンターカバーのフォルムが異なりますが
タイヤをブロックパターンに交換すればCTらしくなるでしょうね。
CT125新情報_f0061705_17254285.jpg

驚きなのはキックペダルが付いている事!

これでオフロードのイメージにグッと近づきましたね。

タンデムステップが付いた事により、マフラープロテクターもゴツくなりました。

あと、タンク容量はどうなのでしょうか?

大きくなってくれてれば嬉しいんですけどね。

で、車両価格は税込みで44万円ぐらいになりそうだとの事。
ちなみにABSは標準装備されているので選べないそうです。


もっと細かく見てみたいところですね。

実は来週、現車を見れる機会があるので穴が開くほどチェックしてきますね^^
いやいや、ほんと発売が楽しみです!

                       サイトTOPページへ 戻る →