ADV150 モーターショウに登場

かねてから噂の有ったADV150がインドネシアで発売された
PCX150をベースにしたアドベンチャースクーター
兄貴分のX-ADVのデザインそのままに再現した
野性味あふれるスクーターです


先行予約開始 バイパスホンダ福岡店 展示予定2月

 

“”市街地から郊外の荒れた路面まで走行可能なサスペンション、
タイヤ、ライディングポジションを採用するとともに、タフで
アクティブなアドベンチャースタイリングを追求。

また、2段階可変スクリーンやスマートキーシステムなどの採用で、
日常シーンでの使い勝手の良さや快適性、安心感に配慮。軽量、
コンパクトなスクーターの利便性の高さはそのままに、
趣味の時間を充実させ、余裕のあるライフスタイルを
提案するモデルを市販予定車として出展します。”

 

 ADV150 2019 モーターショウ出品

 

スクーターにもSUV時代到来か!? ホンダ ADV150

『PCX150』をベースに、郊外の荒れた路面も走れるよう

サスペンションやタイヤを強化し、ドラム式だった後輪ブレーキも

ディスク式へとグレードアップ。コクピットまわりも再設計。

 

→詳しくはこちら

 ADV150 発売はいかに?

インドネシアで正式に発表されましたね。大体全部いい感じ。やったぜ。

気になる日本国内発売ですが…
•X-ADV150が出る
•エンジンはPCXベース
•発表は2019年みたい
•日本でも売る
メーカーさん営業から聞いた話です、あくまで噂って感じでお願いします。

上記の通りに、日本でも正規ラインアップされるようです。

 

 

発売されたら、試乗車を用意します

 ADV150

 

A DV………ラリーマシンを彷彿とさせる、
反転液晶表示のフルデジタルメーター。速度や回転のほか、
オド&トリップ、燃費、燃料残量計、バッテリー電圧、時計
月日まで表示)を一度に表示できる。各種インジケーターランプは別枠だ。

テーパーハンドルバーを装備し、ヤル気感みなぎるコックピット構成。
X-ADVはアフリカツインと同じハンドルバーを装着していたが
ADV150は専用品と思われる。

HONDA ADV150

 

 

 ADV150 トレンドになってる、Newタイプ

東京モーターショー参考出品車(市販予定車)

ADV150」は、X-ADVで全く新しいジャンルとして登場した

アドベンチャースクーターの150cc版と思って間違いはないでしょう。

X-ADVと見まごうほどアクティブなデザインに加えて、街乗りから郊外の

荒れた路面まで難なく走れそうな足まわりがADV150の魅力です。

まずはサイドビューからじっくり見て行きましょう!
スタイリングをよく見ると、ヘッドライト、テール、そしてメーターまわりなど
各所に兄弟分のX-ADVに通じるヘビーデューティーなイメージ

 

                       サイトTOPページへ 戻る →