ホンダ X-ADV ブログ

ーーーー ホンダ X-ADV ブログ 発信中 −−−−  



 

X-ADVは、アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、

都市での快適な走行と利便性を高次元で融合させた、
ホンダの新しいジャンルを目指したモーターサイクルです。

 アップライトなライディングポジションと衝撃吸収性に優れた
前後サスペンションなどによって、
未舗装路の走行にも考慮しています。    

 

ホンダ X-ADV インプレ&考察記 ブログ

 

   Moto Basic バイクレビュー より

 X-ADV 試乗レビュー

楽しさを広げる製品として誕生しました。

 「X-ADV」は、お客様のより充実したライフスタイルを演出するとともに、
 
また、5段階に調節可能なウインドスクリーンや、フルフェイスヘルメットが収納できる
ラゲッジボックスを装備するなど、都市部での快適な走行と高い利便性も備えています。

期待に胸膨らむバイパスホンダから、ブログにて皆さんに発信していきます。

 この新たなコンセプトを実現する装備として、トランスミッションにはホンダの独自技術の
二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備しています。

ホンダから、X-ADVによるモーターサイクルの新たな世界の提案です。 

 

 

   
   

 X-ADV 特選中古車

 アドベンチャースピリット溢れるX-ADV

スタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と利便性を
高次元で融合させた、新しいジャンルを目指したモーターサイクルです

  

走行2800q、車検H32年4月、新車保証継続の希少な一台

ローダウンもセット済。小柄な方にも安心して乗れます。

 

 

スマートKeyとDCTクラッチで快適バイクライフが愉しめます

 

 

 

 

 

 Dr.グレッグのX-ADV試乗プロモーション

グレッグ先生の、新型モデルプロモーション。久しぶりのアップです。

大学勤務の傍ら、趣味が高じた作品は玄人はだし。

実際、最近では各方面から仕事の依頼が有るようでして、忙しいグレッグ先生です。

 

学生時代から含めて、来日30年になるグレッグ氏は、剣道4段。
日本の新聞も毎日読み、大相撲を見るのも好きと言う。
バイホンとのお付き合いも20年あまり、まっことの日本通ゼヨ!(何故か、土佐の言葉?)
この夏は、少し時間が取れそうで、新型のモデルも揃ったおり、レブルやGROMなど
「いろんなバイクビデオを撮りましょう」と言われる。
モデルライダー募集します。記念にいかがですか?

  五箇山ダム・東背振近郊〜神埼近郊にて。ナレーションはDr.グレッグ


 暫くの間、X-ADVに乗ることにした。

VFR1200F、NC700X、NC750XとDCTタイプを、乗り続けた、オヤジ世代の鈴木です。

新モデル「X-ADV」を地域一番に登録、GW連休前から乗ってみた。

メーカーのPV画像から、気になってはいたが「所詮、欧米の足長族の乗り物」と敬遠したものだ。



国内発売後、開けてビックリの足つき性の良さ。上手く削ったステップ部分の形状が、足に干渉しない。

DCT機能も相当に賢くなってる。Uターンも、全く苦にならない。トコトコ、回るだけでいいのだ。

パッスン!おっとっと」倒してしまうことがないのだ。ソロでの遠出や砂利の駐車場での問題が解決。


加速時のピークも、頭うち感が無く、ガサツな振動も感じず、軽やかで伸びやか。

Sモードで走る、峠・七曲など「こんなに愉快で、軽快に走れるものなのか・・」

最近、愛用のビッグバイクが「重くなってきた・・」と、お感じのご同輩に、おススメです。

いわゆるアドベンチャー系より、日本人向けのサイズであり、スポーツ系の大型スクーターより
愉快なハンドリングを備えた、X-ADV。

還暦をとっくに過ぎた世代にとって、まだまだバイクで「イケル!」と、実感できるバイク!!

試乗できます。ご来店下さいマセ。 福岡店 鈴木

 レッド入荷。X-ADV

次回生産は、9月末予定。ご予約をお願い致します。

→詳しくはこちら

                              サイトTOPページへ 戻る →