X-ADV よもやまブログ、考察 @

オフ系なのでシート高 :やっぱりちょっと高いですが、 オフロードタイプならしょうがないか。

その分サスストロークが長く快適になることを期待しましょう!

今のインテグラが775mm: X-ADVは「820mm

身長170cm以上の方はあまり気にならない高さですが 、170cm未満の方は気になりますね

シート形状は前がかなりスリムになっているので 、スペックより実際の足付きは良い感じかな。

でも購入前に一度またがるか、試乗した方がいいかもです。

  

エンジンはNC750と共通ですが、フレームは別設計のようですね 。 
DCTは3世代目のためシフトフィーリングはかなり期待できそうです

 X-ADVの、発売日 近い? タイヤのこと

先日のミスターバイクのサイトに、こんな記事を見つけた。

タイヤのこと。15インチは特殊なサイズで、他にはほとんどありませんが、

本格的、量産体制に入ったか、Hondaさん

 

この情報は、かたいな〜! 

2016年12月25日 

■「X-ADV」間もなく発売日 ?  BSが新車装着用タイヤ納入

 

X-ADV EICMA2016(ミラノショー)に出展、2017年の発売日に向けて
量産を決定したホンダ「X-ADV」(エックス-エーディーブイ)。

アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と
利便性を高次元で融合させ、新しいジャンルを目指したモデルだ。

水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒745ccエンジンを搭載し、
トランスミッションにはホンダ独自の技術である
二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備。

アップライトなライディングポジションと衝撃吸収性に優れた
前・後サスペンションなどによって、未舗装路の走行も考慮されるという、
ユーザーのより充実したライフスタイルを演出するとともに、
楽しさを広げるバイクとして世界で注目されている。

    


 そんなX-ADVの新車装着タイヤとして、ブリヂストンが
TRAIL WING」(トレイルウィング)を納入することに。

同タイヤはオフロードを意識したパタンデザインに加え、市街地での走行性能も重視し、
ロングライフやウェット性能を追求したオン・オフ兼用モデル。

サイズはフロント用が120/70 R17 M/C 58H(TW101)、
リア用は160/60 R15 M/C 67H(TW152)となっている。

 X-ADV ホンダの新型 考察そのA


フルカラー液晶バネルを期待しましたが 、どうも黒・赤の2色のようです。

しかし、今までにない大型1面パネルは斬新で 近未来的な雰囲気で良いと思います。

でも、これって純正ナビはどこに付くのでしょうかね?


そしてもう一つの目玉は どうもスマートキー仕様のようですよ
高級車のようでこれは魅力的で非常に良いですね

ラゲッジBOXはフルフェイス1個が入るまで拡大

インテグラはジェットヘルしか入りませんでした。

(入れたことはありませんが・・・)

どうも後ろにあったガソリンタンクを前に移動させたんですかね

 かなり広くなったようです。

 ホンダの新型 X-ADV 考察そのB 

ヘッドとリアのランプはLED、ウインカーは電球。

サスはフロントがアジャスタブルで、リアがプリロード調整タイプ 。

 マフラーも専用のデザインで、中々いいデザインじゃないですか。
 
そして、パッセンジャーのフットレスト。
ピッタリと格納するタイプでデザインもカッコイイですね。
センタースタンドも標準装備。パンク修理も、整備も、不安はありません!

 そして、オフロード車の証

アンダーガードも標準装備です。

ハンドガードはプロトタイプより大きくなり
ツーリングには実用的なものになっています。



スクリーンですが5段階手動調整タイプらしく、
ハイにすると、頭ですっぽりと隠れ、高速や冬場には重宝します。

 
NC750インテグラよりも大幅に変更された魅力ある装備ばかり。

でも、シッカリと販売価格に跳ね返ってきそうです。

 X-ADV 発売日は2017年 の春みたい

ホンダのX-ADV、日本国内の発売日は5月頃などと、夢店で情報を仕入れた方などが

つぶやいてます。カラーも、決定しているようです。シルバーとレッドの設定と言う。


インテグラが90万円位なので、X-ADVは間違いなく100万超えな感じですね。

充実装備なので、120万近い?かな。

                              サイトTOPページへ 戻る →