アフリカツイン 発売

 アフリカツイン 入荷


バイク専門誌「ミスターバイク」に載ってた、アフリカツインの発売時期。

来春発売という予想でありますな。予約などはいつからできるのでしょうか

Mr.Bike アフリカツイン レビュー ⇒


 Africa Twinが帰ってくる。1989年、XRV650R Africa Twinの登場から
2000年の最終モデルの製造中止まで、世界の冒険ライダーに夢を与え続けたあの日から15年。
待ちに待った新型Africa Twinが国内でも来春から店頭に並ぶ予定だ。
発売日は桜咲く頃、と予測するが、今年、秋の東京モーターショーでの本格お披露目を
控え、展示予定のCRF1000L Africa Twinが報道陣に公開された。

 合わせて初代(RD03)と最終モデルの後期型(RD07)とのフォトセッションも組まれ、
2016年型として登場予定の新しいAfrica Twinを、それこそ穴が開くほどじっくりと
観察できたのである。


アフリカツインの価格と発売日、予約はいつから?

IMG_4661.jpg_TS_9473.jpgIMG_4814.jpg

 アフリカツインを予約.

 

  
 VFR800X 本日入荷。(やっぱりデカ! 樋口主任研究員の胸の高さ位?)

先日、久しぶりにご来店なW様。


これまでにBigバイクばかりを乗り継いでる、超ベテラン。

モンキーのカスタムなんぞにも、興味津々。これもハマってしまいそう!

今年の末頃には、ゴールドウィングもお買上げとの確約を・・
近いうちにもGLに試乗して頂こうかと、画策なスタッフです。

→詳しくはこちら

 国内のカラー、追加

 トランスミッションは、通常のシングルクラッチ6速MT車に加え、
DCTモデルも用意される。このDCT、ご存じの通り、
VFR1200Fに最初に搭載された有段式自動変速を可能にしたミッションだ。

ミッションの構造そのものは、MT同様であり、そこに二つのクラッチパックと
変速用のアクチュエーターモーターなどを追加したもの。

二つのクラッチが変速時に生じる駆動変化を極めて少なく抑えると同時に、
変速そのものもプロも顔負けのスムーズさと素早さが持ち味。
ギア抜けも皆無だし、焦って思わず半クラが長くなる、発進時に回転を無駄に
上げすぎてしまうなど、MTならではの失敗がない。

 

 アフリカツイン ホンダ

 

ホンダは、新開発水冷4ストロークOHC直列2気筒998ccエンジン搭載の
アドベンチャーモデル『CRF1000L アフリカ・ツイン』を発表!

CRF1000L アフリカツインは、1990年代に人気となった『XRV750 アフリカ・ツイン』と同様、
オン、オフを問わず、世界中のさまざまな道に対応できるアドベンチャーモデルとして開発。

コンセプトは「どこへでも行ける」で、市街地走行から大陸横断ツーリングまで、
幅広いシチュエーションで快適な走行を楽しめる。

独自技術である二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」
のコントロール性能を向上させたほか、
ABSとホンダ・セレクタブル・トルク・コントロールを搭載したモデルも設定する。

CRF1000L アフリカツインは、欧州で12月中旬から順次発売する。
欧州での発売後、北米や日本などでの販売を計画する。

予約は、いつ頃からできるのか?

                              サイトTOPページへ 戻る →