抜かりの無い足回り


走りの面でも抜かりはない。

特に目につくのは、SHOWA製ピギーバックリザーバー付きのツインショック

サスストロークは未発表ながら、
最低地上高はPCX150の137mmに対しADV150は165mmを稼ぐ。


PCX同様の3段バネを使用するなどつくりも凝っている。

また、前後にウェーブタイプのディスクブレーキも採用
(PCXの日本仕様はリヤにドラム式を採用/インドネシア仕様PCX150はリヤもディスク式)

ホイールサイズもPCXの前後14インチから前14/後13インチとして、
リヤにワンサイズ太い130mm幅のタイヤを採用した。

 

                       サイトTOPページへ 戻る →