新型ハンターカブ 多孔式デザインのヒートガード

多孔式デザインのヒートガードを装着したアップマフラー。
音を気にしないコンセプトモデルのためか、
マフラーエンドの位置はシートに近く見える。


前側が開いたデザインのシート、燃料タンクの溶接の繋ぎ目や、
アップスタイルのマフラー、
印象的な角型のウインカーなど、
旧CTからデザインのキーを引き継いでいる。


ステーがアクセントの
フロントフェンダーは、スチール製。

旧モデルの無骨なデザインの、前後の角型ウインカーはLED仕様だ。

アンダーフレームにはスキッドプレートを装備。

後部への吸気ダクトや、
サイドエアクリーナーなどCT110に倣っている。

                       サイトTOPページへ 戻る →