CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブは、アップマフラーとアンダーフレームが目を引く

カブがデザインの基調を前から後ろに向かいS字に描いているのに対し、
真っすぐなラインで力強さを表現しているのがCTのデザインの特徴。


クランクケースカバーやヘッドカバーの形状から、エンジンはスーパーカブC125に
搭載された排気量124tのJA48E系統のようで、車体も同様にC125が
ベースらしく、スイングアームにはタンデムステップ取付け用のボルト穴の痕跡も。

CTシリーズの特徴とも言えるアンダーフレームはボルトオンした形。

                       サイトTOPページへ 戻る →