オフロードイメージのADV150

開発担当者の 談話

 

ダートと言っても、河川敷のフラットダートとかそれなりに整備された
林道というレベルですが、
パワーユニットだけでなくアップライトで
自由度の高いライディングポジションも採用することで、

そんなシーンでも扱いやすい走行性能を目指してあります。

加えて前後サスペンションは、PCX150と比べてストロークを
フロントが30mm、リヤは20mm伸ばしてあります。


じつはこれも大きなこだわりポイント。
フロントサスペンションストロークは130mmなのですが、

市販スクーターでこの数値というのは、ホンダには例がないですし、
他社でもこのクラスではまずない。

この前後サスペンションにより、最低地上高はPCX150比で
30mmアップさせています。

このとき犠牲になるのはシート高。ADV150は795mmです。

 しかしここは、モデルの世界観を感じてもらうためにも、譲りたくなかった部分。

着座位置が高いぶん視界は良好ですし、足を降ろすときに干渉しやすい部分を
絞り込んだ
デザインにすることで足着き性を高める工夫も施してあるので
受け入れられると信じています。

また、前後タイヤのサイズ設定にもこだわり、前後ともPCXよりワンサイズ太く、

リヤは14→13インチホイールにしながら、タイヤのエアボリュームもなされている。

 

                       サイトTOPページへ 戻る →