CT125ハンターカブ、誰をも魅了する!

1968年に、「CT50」、1981年には「CT110」として、日本国内で販売された
ハンターカブが東京モーターショー2019で復活の兆しを見せた。

  ベースモデルとなったのはスーパーカブC125。
これに アップマフラーやスポークホイール、オフロードタイヤを組み合わせることで
トレッキングスタイルを獲得。
川や湿地の周りも走れるように、エアクリーナーに一工夫するなど、ユニークなし試みも!

 

往年の「ハンターカブ」をほうふつとさせる、“オフロード仕様のスーパーカブ”

テーマにしたコンセプトモデル「ホンダCT125」。



「どんな人をも魅了する最強のマシンだ!」

 

                       サイトTOPページへ 戻る →