レブル250 HONDA 2019モデル

カスタムしても楽しい扱いやすいアメリカン

 

カスタムの自由度を極力制限しないよう、いろいろなことが考えられているレブル。
とえば、タンデムシートやタンデムステップなどを簡単に取り外せる工夫。

またライダーシートより後ろのリヤフェンダーまわりのパーツをボルトだけでごっそり
取り外してしまうことも可能なのだ。  

タイヤチョイスひとつとっても、すでに多くの製品が売られているサイズを採用。
まぁ、ぶっちゃけてしまえばハーレー用に発売されているタイヤがそのまま使えるという
ことなのだが、ここまでカスタムをキチンと意識したモデルも今どきめずらしい。

(タンデムスタイル誌より 引用)

                       サイトTOPページへ 戻る →