クロスカブ110 くまモンの話題

  ホンダは31日、二輪車「スーパーカブ」シリーズで、くまモンのデザインを
施した新製品の開発を進めていることを明らかにした。

 既に試作車が完成しており、熊本県大津町の熊本製作所で量産し、
今夏までに国内向けに販売を始める計画。

世界中で親しまれているロングセラー製品と人気者のコラボは国内外の関心を集めそうだ。

 

 レジャー用としても人気の「新型クロスカブ」の排気量110tと50tの2種類で開発。

黒色の車体に、くまモンの頬をイメージした赤をカバーなどの一部にあしらい、

エンブレム(紋章)の表情や材質など細部までこだわったデザインになる見通しという。

 くまモン仕様 見てきました! 八幡店長 Blog ⇒次項有

 カブシリーズは日本を含めアジアや南米など15カ国で年間約300万台を生産。

これまでに延べ160カ国以上で販売されている。

 ホンダ国内唯一の二輪車生産拠点である熊本製作所では、生産を中国に移していたが、

17年8月に“里帰り”。同シリーズはその2カ月後に熊本で世界生産累計1億台の記録を達成し、

2018年に誕生から60周年の節目を迎えた。

 

これは売れそう。

発売予定は夏頃らしいけど、やっぱり限定車なのかな?
もうちょっと詳細が知りたいところですね。

それにしてもホンダさん、今までにないくらいカブに力入れてますね。

                       サイトTOPページへ 戻る →