ドラレコ取付け レポート@

話題のバイク用ドライブレコーダーが充実しつつあるなかで 

 f0061705_08421575.jpg

前後カメラ付きモニター画面付きのタイプが発売。
早速、
取り付けしてみることにしました。

 カメラは防水だがモニターは非防水でシリコンカバーで日常防水。
カバーをつけてみるとモニターは見えにくくなる。

このまま説明書通りにつけようとしたんだけど、
店長が、店長が
見やすくかっこよくつけてよ」って
言うもんだから
面倒臭いことをやらされましたよ

 

防水加工  透明。耐候性フイルムでモニターを覆う、
全面、後面。SDカード取り出し口用の三分割フイルムを
切り出して貼り付け、日常防水くらいになってると思う。


付属のステーを使ってタンクに取り付けて、と思ってたのだが。
店長が・・・
 

「ハンドルのところにかっこよく」って言うだけ・・・なので 

ステーを自作、図面作って試行錯誤。
材料切り出して作りましたよ。

f0061705_08412957.jpg 

 カメラの取り付け・・・このころから店長は外出したもんだから
今のうち とりあえずつけちゃえって・・・

バイクの前、後ろに、取り付け

 前は目立たないが、後ろは目立つしフェンダーが揺れる。

どうしようか悩んだが、考えたくなかったのでそのまま取り付け、
「目立ったほうがいいんじゃない」なんて、自分で納得。

 f0061705_08412288.jpgf0061705_08415877.jpg

 


 

実際に使用してみて感じたのは、一度取り付けてしまえばもう、
利点しかないということ。

イグニッションをONにすれば自動起動で
撮影と録音が開始され、いざという時のデータは上書きされないよう
ロック保存される仕組みで、面倒なことは一切ない。

モニター付きというのも利点で、カメラのフレーミングが
ライブビューで確認できるため、うっかりカメラを触って
ステーの角度が変わったとしてもすぐに修正が可能だ。

これでモニター本体も防水・防塵ならありがたいが、
走行中に見るものではないし、3万円を切る価格で
万が一の備えになるのだから、充分に納得できる製品だろう。

(BIKE BROS コメントより)

                       サイトTOPページへ 戻る →