職人を泣かせた分け

実は数日前からコソーッとしていた事なんですけど、


無事に完成したらこの場で報告しようと思っていた事。

ちなみに頑張っていたのは僕ではなく、工場長の林師匠↓


何をしていたかって言うと、こんなパーツを改造していた↓


CBR250Rのリヤキャリアなのですが、えらく高い位置にキャリアが取り付けられていると思いませんか?
VFR1200みたいにシートと同じくらいの高さで付けば、もっと格好良いと思うのは僕だけでしょうか?

というわけで、無理を言って林師匠に理想のキャリアを作ってもらったわけです!


もうね、少ない工具を最大限に利用して曲げたり炙ったり叩いたりetc・・・・・。ほんとね、職人っすよ!林師匠は。
 嫌事一つ言わずに頑張ってくれる姿には頭が上がりません!


                              で、出来た姿がコレ↓


まだ塗装が終わっていない下地の姿ですが、明らかに低くなったでしょ?本当ならね、完全に出来た状態でお見せするのが当然な事だと思うのですが、ちょっとショックな事があってね・・・・・。
っていうのも、とある人から今日聞いたのですが、
「低いキャリアなら格好良いやつが発売されとるやろ!」

何ですと・・・?
直ぐにネットで調べてみると、確かにあった・・・・。
 





メッキ仕様で安心のタンデムグリップ付きときた!あちゃ〜、これには気づかなかった・・・・。
しかも発売予定日が6月30日って今日じゃんか・・・・。


ちょうど林師匠がキャリアの下地塗装をしている時に気づいてしまった事実。
一瞬言わないどこうかと悩んだんですけど、結局いつかはばれちゃうんだから・・・・・ね?

「すんません、林さん・・・・、実は・・・・」

って言った時の林師匠の背中が小さく見えたのは気のせいでしょうか?というわけで、

只今製作中の林恭平力作の「ローダウンリアキャリア」(勝手に命名した)

林師匠の技術の結晶がココにある!

そんな思いの詰まった世界に一つのオリジナルリアキャリアが欲しい方!
販売いたしますのでご相談ください!(値段も決めていないのですが・・・・)

そんなオンリーワンキャリアをご購入頂いたお客様には、もれなく製作工程のドラマチックな小一時間ぐらいの話をお聞かせ致します♪

なので時間に余裕をもってご来店ください♪


はぁ〜、先にもっと調べておけばよかった・・・・・。

                       サイトTOPページへ 戻る →